納得の高級感!池田屋イタリア製防水牛革プレミアムはなぜ人気なのか?

池田屋のメインモデルと言っても過言ではない、イタリア製防水牛革プレミアムシリーズ

名前だけ見ると「イタリア製の革だからすごそう!」なんて印象を受けますよね。

質感も手触りも美しくておしゃれなランドセルなのに、7万円以下で購入できるところも非常に魅力的です。

そもそもイタリア製防水牛革ってなに?
池田屋牛革ランドセルのメリットは?

結果的に人工皮革のランドセルを購入した私ですが、イタリア製防水牛革プレミアムシリーズのおすすめポイントと人気の秘密を紐解きます!

イタリア製防水牛革プレミアムのモデル一覧

イタリア製防水牛革プレミアムは3モデルあります。

単色のイタリア製防水牛革プレミアムシンプルステッチと、ステッチの色が違うカラーステッチ、そしてフチの色が違うカラーコンビです。

基本的にシンプルなモデルなので、どれも特別な装飾はありません。

それぞれのモデルの違いは、カラーバリエーションとコンビカラーかどうか、という点のみ。

機能的な差はないので、色の好みで選べるところも良いポイントだなと思います。

イタリア製防水牛革プレミアムシンプルステッチ

価格 68,000円
素材 防水牛革
重さ 1,300g
カラーバリエーション クロ、コン、チョコ、グリーン、アースブルー、アカ、カーマインレッド、キッズピンク、キャメル、アクアブルー

イタリア製防水牛革プレミアムシンプルステッチは、至ってオーソドックスな牛革ランドセルです。

池田屋はこのシンプルさがブランドの特色であり魅力でもあるので、必要以上の装飾はいらない!と考えている方には理想的なモデルですよね。

牛革ランドセルはやはり革の質感がとても良いので、高級感を重視したい方にもおすすめ。

あえてシンプルさを追求することで、いい意味で遊び心のないシックなデザインになります。

高学年になっても馴染みやすく、飽きが来ないのが嬉しいですよね。

さらに牛革なので、使い続けることで次第に革が味がある雰囲気に変化していきます。

この経年劣化も革製品の魅力の一つです。

ランドセルとしての美しさや機能は保ったまま味を出してくれるイタリア製防水牛革プレミアムは、子どもも大人もひと目見て気に入っちゃうんじゃないでしょうか?

カラーバリエーションは全10色。

カラーステッチにはないキャメル、アクアブルー、アースブルーなどもあります。

ランドセル本体の色にこだわりたいなら、カラーステッチよりもシンプルステッチの方がおすすめです。

イタリア製防水牛革プレミアムカラーステッチ

価格 68,000円
素材 防水牛革
重さ 1,300g
カラーバリエーション クロ×ブルー、クロ×アカ、クロ×ゴールド、コン×キャメル、グリーン×キャメル、アカ×ピンク、カーマインレッド×ピンク、ローズレッド×ピンク、アンティークワイン×ピンク、チョコ×ピンク

カラーステッチは本体と糸の色が違うコンビカラーランドセル。

フチの色が違うモデルよりも目立たず、さりげないコンビカラーなので、さりげなく印象を変えられます。

女の子向けのモデルはピンクステッチが入ることで、大人っぽいながらも可愛い印象に。

男の子向けのモデルは黒いランドセルに赤やゴールドが入ることでスポーティでカジュアルな印象になります。

一色のランドセルもとても高級感があって魅力的ですが、ステッチの色が違うだけでも十分高級感がある見た目だなと思いますね。

結構フチの色をガラッと変えてしまうと工房系ランドセルっぽさが薄れて見えることもあるんですが、そういうこともなく。

工房系ブランドならではの高級感をキープしつつおしゃれに見せてくれるランドセルです。

イタリア製防水牛革プレミアムカラーコンビ

価格 68,000円
素材 防水牛革
重さ 1,300g
カラーバリエーション クロ×アースブルー、コン×チョコ、カーマインレッド×キッズピンク、アンティークワイン×キッズピンクク

コンビカラーは、本体とフチの色が違うモデルです。

もともとオーダーメイドでフチと本体の色を選べるモデルがあり、そこで人気だった組み合わせを定番モデル化しました。

男の子は青と黒の組み合わせ、女の子はピンクとの組み合わせが人気ですね。

牛革モデルの中ではカラバリが少ないので、選びやすいかな?と思います。

逆にこれ以外の色が欲しい場合は、カラーオーダーで子どもが好みの色を組み合わせてオーダーするのがおすすめです。

コンビカラーは組み合わせている色が目立つので、個性的を出しやすいモデル。

カジュアルで個性的な見た目で、かつ質感を重視したい方におすすめのモデルです。

イタリア製防水牛革ってなに?

牛革ランドセルと言っても、池田屋はイタリア製防水牛革を使用しています。

聞き慣れないワードですが、そもそもイタリア製防水牛革ってなんなのでしょうか?

イタリア製防水牛革は、名前の通りイタリア産の牛革です。

池田屋が独自に契約しているイタリアの一流革工場が作る上質な素材。

控えめなツヤと鮮やかな発色が特徴です。

池田屋は独自にベルバイオという人工皮革を特注するなど、素材に対するこだわりが最も強いブランドと言っても過言ではありません。

多分企業秘密?なのか、他の牛革とイタリア製牛革の具体的な違いははっきり公表されていません。

でも、素材にここまでこだわる池田屋が採用している牛革なので、質が良い素材であることは間違いなさそうです。

池田屋のようなシンプルな工房系ブランドのランドセルを検討している方は特に、見た目の上品さや高級感を重視している方が多い印象です。

私の知り合いも、違うブランドではありますが最終的に見た目の上品さを取ってランドセルを決めました。

※気になる方はラン活記事をチェック!

池田屋のイタリア製防水牛革プレミアムは、そんなユーザーが求めるものに近い上品で高級感あるランドセルを作ってくれています。

さらに、池田屋の牛革は降水量10mmの中1時間ランドセルを放置するシャワー試験を行い、防水力をしっかり検証しています。

牛革ランドセルといえば水に弱い、と思っている方もいるかも知れませんが、最近のランドセルはしっかり防水加工が施されています。

ランドセルカバーなどで守ったり、水に濡れたら拭いたりと対策やメンテナンスは行ったほうが良いですが、神経質になる必要はありません。

水にも強い牛革なので、防水面が気になる方も安心して大丈夫そうですね!

イタリア製防水牛革プレミアムは機能面も優秀なランドセル!

池田屋のランドセルは、モデルごとに機能面の差はありません。

牛革もコードバンも人工皮革もすべて搭載されている機能は同じです。

イタリア製防水牛革プレミアムも、シンプルステッチとカラーステッチで色以外の違いはないんです!

ランドセルを選ぶときに素材・カラーのみで判断できるので、子どもの好みに委ねやすいのが池田屋ランドセルのいいところだなと思います。

個人的に池田屋ランドセルで注目してほしいのは、ギボシベルト。

一般的なランドセルは、肩ベルトの長さ調節に金具(バックル)を使用しています。

最近のランドセルは立ち上がり型背カンが主流で、子どもの身体にランドセルをフィットサせる形がほとんど。

それに合わせて肩ベルトも身体に密着するので、ちょっと出っ張った金具が身体に刺さって痛いと感じる子も少なくありません。

池田屋はそこに着目し、金具を必要としないギボシベルトを開発・採用しています。

ベルトの穴にギボシを差し込むだけでかんたんに固定でき、子どもの身体にも負担がかかりません。

このような、池田屋ならではの着眼点が光る工夫が他にもたくさん施されています。

詳しくは池田屋の公式サイトか、「2021年度も大評判!池田屋ランドセルの機能や口コミを大調査!」をチェックしてください!

イタリア製防水牛革プレミアムは1,300g前後と特に重いモデルではありません。

それでも人工皮革よりはどうしても重くなってしまうので、より子どもが背負いやすく感じる工夫が多い池田屋のランドセルは魅力的に感じますよね。

池田屋イタリア製防水牛革プレミアムを実際に買った先輩ママの口コミ

お兄ちゃんが2年間使っていますが、荷物をすべてランドセルに入れて手ぶらで登校できる大容量なところがとても良く、妹もぜひ池田屋で!と決めていました。お兄ちゃんのランドセルを選びに行ったときからずっと決めていたアンティークワインに即決!色もきれいだし、女の子でも使いやすいので嬉しいです。
シンプルなのに個性があると感じられるのは池田屋さんならではだと思います。気分で付け外しができる刺繍シールが画期的ですね。いとこ同士で同じランドセルを購入しましたが、刺繍シールの違いでこれだけ印象が変わるのかと驚きです。すべてにおいて子どものことを考えた工夫がとてもありがたいです。
6年間飽きのこなさそうなシンプルさと何でも入る収納力、ギボシベルトなどの背負いやすさ、すべて考慮して親子満場一致で決まりました。私も息子もグリーンとゴールドステッチのランドセルに一目惚れ。かっこよくておしゃれで満足です。
女の子なので軽いランドセルが良かったのですが、大人の目線から見てどうしても本革の高級感が忘れられずとても迷いました。お店で背負ってみたら、牛革でも「軽い!」と言っているのを見て、これでも大丈夫そうだなと決めました。
大好きなお姉ちゃんと同じランドセルにしました。シンプルなのにオシャレで、機能性も高く満足です。男の子なので、少し乱暴に扱っても型崩れの心配がないのが嬉しいです。3年生になったお姉ちゃんも1年生のときに選んだランドセルがしっかり似合っていて、6年間大丈夫そうです。

ぶせの革がしなやかで柔らかく、使いやすいと喜んでいます!青色が好きな息子、色んなランドセルを見てきましたが池田屋さんのアースブルーが明るく見えて気に入ったようです。余計な装飾がないので色だけを考えて絞れたので親としてもとても楽でした。
ランドセルの持ち手がほしかったので池田屋は候補外でしたが、展示会で見かけて機能性の高さとランドセルのきれいさに一目惚れ!とても悩みましたが、池田屋にしました。使ってみたら持ち手がなくても問題なく使えているし、それ以上にメリットがあったので良かったです。

イタリア製防水牛革プレミアムは人気モデルなので、購入の決め手となったきっかけも十人十色ですね。

やはり機能面に魅力を感じて池田屋を選んでいる方が多いので、機能を重視したい方に一度検討して欲しいモデルだなと思います。

牛革だけど革がしなやか、軽い!という口コミも何件も見かけました。

「牛革は重くて使いにくい」という悪いイメージを払拭してくれるモデルなんじゃないかなと思います。

何件か「持ち手がついていないのが唯一のデメリット」と書いている方も見かけました。

今まで池田屋はランドセルの持ち手がなく、フックもナイロン素材で安っぽく見えると不評だったのですが…。笑

2021年度モデルはユーザーからの要望を受け、しっかり持ち手がついたモデルになっています!

「池田屋唯一のデメリット」と言われていたポイントも改善されたので、今度こそ文句なしのランドセルと言えそうです!