ランドセルをリメイクして使おう!おすすめのリメイクアイテムと工房まとめ

6年間の思い出が詰まった、使い終わったランドセル、みなさんはどうしていますか?

ランドセルって革製品だし、小学生が使うにしてはすごくいい素材を使った、れっきとした鞄。

高いお金を払ったものだし、捨てちゃうのはもったいないですよね。

私も長い間ずっと押入れにしまっていたのですが、とうとう革がボロボロになってしまって保管が難しくなり、昨年引っ越しを機に処分してしまいました。

もう10年以上前のものですが、思い出が詰まったランドセルなのでやはり捨ててしまうのは悲しかったです。

私のように大切な思い出が詰まったランドセルを、さらに長期間保管しておきたい方におすすめなのがランドセルリメイク!

ランドセルリメイクとは言葉の通り、6年間使ったランドセルの生地をそのまま利用し、他の製品に生まれ変わらせること。

表面の革だけでなく、かぶせの裏側の模様、商品によっては金具も再利用してくれる場合があるので、まさに世界に1つの革製品を作ることが出来るんです!

ランドセルリメイク、やってみたい、興味がある…と思っている方必見!

  • ランドセルリメイクはどこで、どのような商品にできるのか?
  • お値段はどれくらいかかるのか?
  • ランドセルリメイクって自分でできたりするの?

…などなど、ランドセルリメイクについて徹底調査しました!

ランドセルリメイクで作れるものと値段の相場は?

ランドセルリメイクで作れる革製品は多種多様で、「こんなものにもリメイクできるの!?」なんてアイテムもあります。

飾っておけるようなものから、普段使いが出来る実用性の高いものまで様々です。

リメイクをお願いするお店や通販サイトによっては、オーダーメイドの作品を請け負ってくれることも。

どんなものに生まれ変われるのか、可能なリメイクアイテムをまとめました!

  • ミニランドセル
  • 長財布
  • 二つ折り財布
  • パスケース
  • バッグ
  • ポシェット
  • コインケース
  • 二つ折り財布
  • スマホケース
  • ブックカバー
  • キーケース
  • ペンケース
  • 小物入れ
  • 名刺入れ
  • キーホルダー
  • 時計
  • フォトアルバム

ランドセルからリメイクできるアイテムは思ってるよりもたくさんあるんです!

リメイクするアイテムによって価格やリメイクにかかる時間も変わってきます。

どんなアイテムにリメイクするかまだ迷っている方は、それらの情報も含めて考えると良いかもしれません。

個人的に特におすすめしたいリメイクアイテムについて詳しくご紹介します!

ランドセルをそのまま小さく保存できるミニランドセル


ランドセルの形のままサイズだけを小さくリメイクするミニランドセル

実用的と言うよりは飾っておくものになりますが、思い出として残しておくには最適です!

リメイクしてくれるお店や通販サイトにより、サイズは元のランドセルの4分の1程度から手のひらサイズほどまで。

小さいサイズであれば、キーホルダーなどにしてもらうこともできます。

だいたい、ぬいぐるみが背負えるくらいの高さ17~18センチくらいのサイズにリメイクされることが多いです。

これくらいのサイズであれば、金具や刺繍もそのまま使えるのでより元のランドセルに近い形にしてもらうことが可能です。

最近のランドセルは刺繍が入っているものが多かったり、シールなどでデコっている子もいるみたいなので、そういった部分が残せるとやっぱり嬉しいですよね。

キーホルダーサイズの場合、ミニランドセルにリメイクしても皮革が余るため、余った皮革で他の革製品にもリメイクしてくれることも。

ミニランドセルと他の革製品で、セット価格になっていることもあります。

「ミニランドセルだけでなく、他のものにもリメイクしたい!」という方は、キーホルダーサイズのミニランドセルと他の革製品へのリメイクをおすすめします。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
フィットちゃん 14,040円
セイバン 19,800円(財布2点と合わせセット価格)
土屋鞄 15,300円
黒川鞄 15,800円
ランドセル工房生田 15,000円
スドウ 10,000円
カナーズ・ジャパン 4,950円
K&K BROTHERS 4,980円
ランドセルリメイク工房花鯨 8,800円
ミニランドセル工房赤とんぼ 8,800円
長谷川皮革工房 14,500円

ミニランドセルへのリメイクは、ランドセルブランドとリメイク専門工房のどちらかから選べます。

フィットちゃんやセイバン、土屋鞄のようなランドセルメーカー・工房でのリメイクは非常に安心感がありますよね。

その代わり価格は高めで、ブランドによっては「ここで購入したランドセルじゃないとリメイク不可」って場合もあるので気をつけましょう。

なるべく価格を抑えてリメイクしたい場合は、リメイク専門工房を利用するのがおすすめです。

王道のリメイクアイテム、長財布や二つ折り財布


革製品で実用性ナンバーワンといえばお財布です。

パッと見ではランドセルだと気付きにくい上に使い勝手が良いので、ランドセルリメイクアイテムとして非常に人気が高いです。

二つ折り財布は小ぶりなので、ランドセルを背負っていた本人が使うのにおすすめ。

長財布は本人が使ってもいいし、6年間のお礼として両親やおじいちゃん、おばあちゃんのどちらかにプレゼントしても喜ばれるでしょう。

もう少しリメイクする製品の数を増やしたいな、なんて方は、小銭入れもおすすめ。
ちょっとした外出のときなど、小銭入れも案外活躍しますしね。

お財布へのリメイクは、その形状や大きさによって価格が大きく変わります。

シンプルなデザインのお財布はだいたい2万円以内でリメイク可能ですが、装飾などをつけてもらっておしゃれなリメイクにする場合は3~5万ほどかかることも。

リメイク後のデザインと予算を照らし合わせてぴったりのリメイク工房を見つけましょう。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
セイバン 19,800円(財布2点とミニランドセルのセット価格)
カナーズ・ジャパン 1,100~52,800円
K&K BROTHERS 4,200~13,500円
ランドセルリメイク工房花鯨 10,980円
大革堂 20,000~22,000円(セット価格)
長谷川皮革工房 10,200~15,000円
伊藤鞄製作所 7,700~15,800円

大人も使いやすいバッグ類へのリメイク!


ランドセルにひび割れなどがなく、比較的きれいな状態で保存してある場合は、バッグへのリメイクがおすすめ。

ランドセルをリメイクしてもう一度鞄として使えるのって、なんだか素敵だしすごいなと思います。

バッグへのリメイクはランドセルのほとんどの革を使うので、基本的に他のアイテムとセットでのリメイクはできません。

また、サイズが大きめのバッグにリメイクする場合不足している素材を追加してもらうことがあり、その分制作費も高くなります。

多少お値段がかかっても、しっかりした大きなアイテムを手元に置きたい方におすすめです。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
カナーズ・ジャパン 20,900~39,600円
K&K BROTHERS 24,800円

おしゃれな女の子におすすめのポシェット


女の子におすすめなのがショルダーバッグ(ポシェット)へのリメイク!

元がランドセルだとは思えないくらいシックでおしゃれなデザインに仕上げてくれます。

本人が使うのももちろんですが大人も使えるデザインなので、親子で一緒に使っても良いかもしれません◎

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
カナーズ・ジャパン 23,100~39,600円

長期間使えそうな名刺入れ

学生の頃は使う機会がないかもしれませんが、大人になってから長期間使えるのが名刺入れ。

名刺入れは革製で良いものを持ちたいって方も多いと思いますし、ランドセルのリメイクアイテムとしてとてもおすすめです。

これも本人ではなく、お父さんへのプレゼントとしてリメイクするのもいいんじゃないかなと思います!

名刺入れは小さいので、ミニランドセルなどと合わせてリメイクできるところもメリットです。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
カナーズ・ジャパン 8,800~24,200円
K&K BROTHERS 4,680~5,500円
伊藤鞄製作所 5,940円
Leather Studio Third 8,800円

独特な形でかわいいフォトアルバム、フォトフレーム


思い出が詰まったランドセルそのものに思い出をはめ込む、そんな素敵な形を体現してくれるのがフォトアルバムへのリメイクです!

リメイクしてくれるメーカーはとても少ないですが、見た目も特別感があって可愛い仕上がりです。

フォトフレームやアルバムは毎日触れるものではないのでリメイク後も劣化しにくく、より長い間使い続けられるのも嬉しいポイントです。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
カナーズ・ジャパン 22,000円
土屋鞄 10,200円

特別な思いが詰まったオルゴール


最近人気を集めているのが、オルゴールへのランドセルリメイク!

ランドセルがオルゴールになるって、めちゃくちゃすごくないですか?

初めて知った時びっくりしましたが、羨ましいって思いました。笑

オルゴールへのリメイクはほとんどの工房が行っておらず、現状は花鯨さんがおすすめ。

ランドセル型のオルゴールなので、小学生の頃の思い出を好きな曲に乗せて大切に保存できる素敵なリメイクアイテムです。

主にリメイクできる場所
メーカー/工房/ショップ名 お値段
ランドセルリメイク工房花鯨 5,480円

おすすめのランドセルリメイク工房

ランドセルを持ち込んでリメイクをしてくれる皮革製品店は全国的に見てもかなり少数。

近くにそういったお店がある方はいいですが、ほとんどが通販サイトで受注することになります。

申込後、送料はこちら負担でランドセルを郵送し、リメイク完了後に再び郵送で受け取る形が主流です。

ランドセルリメイクはそのほとんどが手作業で行われているため、申込みからリメイク後の製品の受取まで、数ヶ月時間がかかります。

思い出が詰まった大切なランドセルを、数ヶ月間も顔の見えない相手に預けるとなると、不安ですよね。

ちゃんとした実績のあるサイトや店舗におまかせしたい!
そんな方におすすめな、ランドセルリメイクを行ってくれるサイトやお店をご紹介します!

K&K BROTHERS



主なリメイク商品 財布、ミニランドセル、アルバム、キーホルダー、ショルダーバッグ、トートバッグ、通帳・母子手帳ケース、パスケース
価格帯 1,100円~50,000円以上
※依頼する商品により価格が決定
製作期間 約2ヶ月
※3~6月は繁忙期のため、遅くなる可能性あり
住所 〒959-0418
新潟県新潟市西蒲区升岡161-1
※来店前には事前に電話で連絡をしてください。
電話番号 0256-77-5012/td>
サイトURL https://canars.jp/

メモリアルランドセル、略してメモラン

カナーズジャパンのリメイク商品は、メモランと呼ばれています。

カナーズジャパンの特徴は、そのデザイン性にあります。

ランドセルリメイクはどうしても素材を活かしたシンプルなものになりがちなのですが、カナーズジャパンの場合は元がランドセルだったとは思えないほど、おしゃれなデザインに生まれ変わります。

バッグやお財布などは装飾やデザインが可愛らしくて、使いやすいですね。

個人的には、女の子のランドセルリメイクにおすすめのサイトです。

バッグやお財布へのリメイクも実用性が高くて良いなと感じますが、カナーズジャパンで特に注目したいのが、そのまんまランドセル・アルバム。

ランドセルのかぶせや小マチ部分のパーツをそのまま使い、アルバムとしてリメイクされたもので、見た目のインパクトもありますよね。

ランドセルの見た目をほとんどそのまま、アルバムとして利用できるので、かさばらず思い出を残すにはうってつけのリメイク方法です。

カナーズジャパンでは公式サイトで紹介している製品だけでなく、オーダーメイドの製品も受け付けているので、理想のリメイクを行ってくれると思います。

ただ、他のリメイクサイトと比較すると金額が少し高めに設定されているので、お財布と話し合って決めてくださいね。

K&K BROTHERS



主なリメイク商品 財布、ミニランドセル、キーケース、小銭入れ、名刺入れ、定期券入れ、ブックカバー
価格帯 980円~2万円以上
※依頼する商品により価格が決定
製作期間 数ヶ月~約1年
※受注数により変動
住所 〒373-0038
群馬県太田市城西町1-1
電話番号 0276-49-5331
サイトURL https://www.kk-brothers.com/category/11/

ランドセルリメイクといえば、K&K BROTHERSが有名です。

公式サイトは一見、ランドセルリメイクをしているようには見えないクールなサイトなのですが…。

カナーズジャパンとは対象的に、実用性に特化したリメイクをしてくれます。

デザインは非常にシンプルで子どもにとっては大人っぽすぎるかもしれませんが、祖父母やご両親が使うリメイクなのであればちょうどいいと思います。

お値段も高すぎず良心的な設定です。
手の込んだデザイン、大きなサイズのものでなければ、1万円前後でリメイクが可能。

これくらいなら払えるな、という価格帯なので、無理する必要もないのがありがたいです。

K&K BROTHERSでのリメイクは、リメイク品のすべてにランドセルの皮革が使われているわけではなく、お店側が用意した牛革等とランドセルの皮革が組み合わさって作られます。

すべてランドセルの皮革で作って欲しい、という方は、違うサイトでリメイクするのが良いでしょう。

ただ、ランドセルの皮革はリメイク時に使える箇所が限られているし、すべてがリメイク可能なほど綺麗なわけではないかもしれません。

どのサイトでリメイクするとしても、ある程度ランドセル以外の革も利用してもらうことを念頭に置いておいたほうが良いと思います。

K&K BROTHERSの場合、最初からリメイクに利用する箇所はかぶせ部分のみ、と決められているので、他のサイトよりは使ってもらえる皮革が限られるのは確かです。

良心的な価格で綺麗にリメイクしてくれるので、多少ランドセル以外の革を使うことに抵抗がない方にはとてもおすすめ。

納期が時期によっては1年以上先と、かなりかかってしまうのでのんびり待つか、サイトをこまめにチェックして早く仕上げてくれそうな時期に申し込みましょう。

ランドセルリメイク工房花鯨



主なリメイク商品 ミニランドセル、キーケース、パスケース、財布、システム手帳、通帳ケース、印鑑ケース、ペット用首輪
価格帯 4,980円~20,000円
製作期間 約8ヶ月
※受注数により変動
※有料オプション利用で約2ヶ月仕上げ
住所 愛知県北名古屋市徳重与八杁15-1-101
電話番号 070-1615-6394
サイトURL https://www.rakuten.co.jp/hanakujira/

ランドセルリメイクを行ってくれるサイトの中でもトップレベルで格安なのが、この花鯨

やっぱりランドセルリメイクって何万かはかかるんだな、と考えていたときに見つけたので、正直目を疑いました。

6点セットで驚きの4,980円!

そんなに安くて大丈夫!?と思ってしまうほど。
ここまで安いと、逆に心配になって躊躇してしまう…って方もいらっしゃるのではないでしょうか。
まさに私がそうだったんですけれども、そんなときに注目していただきたい点が、この花鯨の口コミページです。

チェックしてみると、ランドセルリメイクはどれも高評価ばかり!

中には、仕上がったものの写真を載せてくれている方も。

ここまで評価が高く、購入者さんに感謝されているのですから、良いサイトなんだなって強く感じました!

改めて見てみると6点セットの中身は小銭入れやキーホルダーなど小さいものばかりですし、デザインも画一化されているため、たしかに4,980円でもいいのかも?と思えてきます。

そしてなにより、楽天を通してのお取引になるので、いざという時も少し安心な気がしますよね。

そしてランドセルリメイクは数ヶ月以上、時間がかかってしまうのですが、花鯨の場合は、+1,000円のオプションをつけると約2ヶ月で仕上げてくれるんです!

祖父母などにプレゼントする時期まで時間がない!長期間ランドセルを預けておくのが不安…、なんて方にもありがたいオプションです。

Leather studio Third

主なリメイク商品 財布、キーケース、名刺入れ、パスポートケース、ペンケースなど
価格帯 8,800~60,940円
製作期間 要問合せ
住所 広島県福山市多治米町6丁目3-17
電話番号 084-971-7356
サイトURL https://leatherstudio.jp/SHOP/118131/215341/list.html

Leather studio Thirdは以前セミオーダーでランドセルリメイクを受け付けていましたが、最近はリメイクできる製品が限られるようになりました。

キーケースや名刺入れなど日常使いがしやすいアイテムで、シンプルなデザインですがとてもおしゃれに仕上げてくれます。

さらにThirdでは、ランドセル以外のリメイクも受け付けているので、幼稚園や保育園で使っていた通園バッグのリメイクも可能!

ランドセルのリメイクは多いですが、幼稚園や保育園の通園バッグをリメイクしてくれるサイトやお店ってなかなかないみたいなので、これは嬉しい情報です。

私の弟は通園バッグを使わなかったので特に考えたことはなかったんですが、通園バッグのリメイクを考えている方もチェックしておくといいお店です。

通販または、お店に直接持ち込むことで、対応していただけるようです。

通販で、ランドセルをこちらから送る場合は送料が自己負担です。

広島に店舗があるので、お近くの方は持ち込みのほうが少し得になります。

ランドセル工房赤とんぼ



主なリメイク商品 ミニランドセル、ミニ幼稚園バッグ、ミニ上履き入れ
価格帯 8,800円
製作期間 数ヶ月
※要問合せ
住所 〒672-8071
兵庫県姫路市飾磨区構1-33
電話番号 079-234-2939
サイトURL https://akatonbo.jp/

赤とんぼさんは、ミニランドセルへのリメイク専門のサイトです。
長財布など革製品へのリメイクは受けつけていませんが、ミニランドセルへのリメイクは一級品。

私が調べた中では、ミニランドセルにリメイクしたいならば赤とんぼさんが1番おすすめです!

理由はいくつかありますが、特に強くおすすめする理由は1つ。
とにかく元のランドセルに忠実なミニランドセルを作ってくれること!

ミニランドセルは元のサイズから随分と小さくしなければならないので、使う生地も限られてきます。
赤とんぼさんは、刺繍の入った部分や模様の入った部分をしっかりと活かして生地を切り取り、使ってくれます。

小学生ではやりがちな、ランドセルに貼ってしまったシールだとか、たくさん傷がついた部分だとか。
ランドセルに寄せ書きしたものも、そのままミニランドセルにしてくれます。

赤とんぼさんのサイトにたくさん、過去のリメイクしたランドセルの写真が載っているので、見に行ってみてください!
本当に、そのまま小さくなった感じ。

これぞ、思い出の詰まったミニランドセルだなあと思います。

また、ミニランドセルを飾るクリアケースもおまけでつけてくれるので、届いたその日にすぐ飾ることが出来ます。

さらに、ミニランドセルにする過程で余った皮革を使い、ランドセルを買ってくれた祖父母や両親に感謝のプレゼントとして、キーホルダーもおまけで作ってくれるんです。

小さなものかもしれませんが、プレゼントすればきっと、喜んでくれること間違いなし!

それだけ完成度の高いミニランドセルにおまけがついて、税込8,800円というのもとても魅力的です。
支払いはゆうパック着払いなので、先にお金を払って不安になる…、なんてこともないので安心。

赤とんぼさんではミニランドセルと同じ8,800円で、幼稚園バッグや上履き入れもミニサイズにリメイクしてくれます!
Thirdさん同様、幼稚園バッグのリメイクをしてくれるサイトは少ないので要チェック。

ただし、革製でないものはリメイクの対象外なので、気をつけてくださいね。

他にもたくさん!おすすめのリメイク工房

私がランドセルリメイクをしてくれるサイトを調べている中で、特にいいなと感じたサイトをご紹介しました。

でも実は、まだまだランドセルリメイクを行ってくれるサイトはたくさんあるんです。

おすすめのリメイクサイトを、更にご紹介します!

ランドセルリメイク工房

主なリメイク商品 財布、スマホケース、パスケース、名刺入れ、キーケース、コインケース、ペンケース、写真立て、印鑑ケース、通帳ケース、キーホルダ ーなど
価格帯 15,000~27,000円
製作期間 約2年
※サイトトップに、いつ申し込んだ人のリメイクを行っているか記載あり。
住所 〒251-0011
神奈川県藤沢市渡内
「SNAKER-HandiCraft-革製品専門店」
電話番号 0466-90-3458
サイトURL https://www.snaker2013.com/
ひとことメモ 幼稚園バッグリメイクあり。(15,000円)
依頼から受取りまでの期間がかなり長いので、早く受け取りたい方、長期間ランドセルを預けておきたくない方は注意です。
大革堂

主なリメイク商品 財布、スマホケース、パスケース、名刺入れ、キーケース、コインケース、ペンケース、写真立て、キーホルダーなど
価格帯 セット料金20,000円~
単品料金1,500円~
製作期間 要問い合わせ
住所 〒819-0052
福岡市西区下山門 4-4-20-701
電話番号 090-5923-6131
サイトURL https://okawadou.com/remake.html
ひとことメモ 単品での注文も可能ですが、欲しいリメイク製品がセット内容にあれば、セットで注文するとお得です。
長谷川皮革工房

主なリメイク商品 財布、パスケース、名刺入れ、キーケース、コインケース、ペンケース、写真立て、キーホルダー など
価格帯 3,100円~15,000円
※リメイク製品により変動
製作期間 約8~14ヶ月
住所 〒241-0836
神奈川県横浜市旭区万騎が原
124-11
電話番号 045-391-0900
サイトURL https://www15.plala.or.jp/Hase-Yokohama-HL/remakerandoseru.html
ひとことメモ 店舗への直接持ち込み可能。
その場合は事前の予約が必要です。

ランドセルリメイクができるランドセルメーカー・工房一覧

これまでは、皮革工房やリメイクを請け負ってくれるリメイク工房などをご紹介してきました。

実は、皆さんのランドセルを作ってくれたランドセルメーカーでもリメイクをしてくれることをご存知ですか?

すべてのメーカーが行ってくれるわけではなく、リメイクをしてくれるメーカーもそのリメイク内容もかなり限られてしまいますが…。

6年間大切に使ったランドセルを作ってくれた場所で、新しく生まれ変わってくれると思うと、とっても魅力的ですよね。

そして、ランドセルを長期間預けることにも安心感があります。

メーカーによりけりですが、そのメーカーで購入したランドセルでなくてもリメイクしてくれるメーカーもあるので、ぜひ検討してみてください!

リメイクをしてくれるランドセルメーカーをいくつかご紹介します。

セイバンでランドセルリメイク!

主なリメイク商品 小物3点セット(長財布、折財布、ミニミニランドセルキーホルダーorベルトキーホルダー)
価格帯 19,800円
製作期間 4~5ヶ月

セイバンでは、セイバンで購入したランドセル限定でリメイクを行ってくれます!

リメイク内容は長財布、折財布、キーホルダー類1つの計3点セット。

お財布へのリメイクが2つ分に加えてキーホルダーが付いて2万円以下は、かなりお得にリメイクしてもらえますね!

セイバンでランドセルを購入した方はセイバンでリメイクをしたほうが絶対お得だと思います◎

ただしセイバンのリメイクは直営店への持ち込みのみで、郵送では受け付けていません。

直営店は全国にありますが距離的に厳しい方も多いと思うので、直営店の場所もチェックしておくと良いですね。

フィットちゃんでランドセルリメイク!

主なリメイク商品 ミニランドセル
価格帯 14,040円
製作期間 4~5ヶ月

ランドセル市場超大手のフィットちゃんでも、ランドセルリメイクを行ってくれます。

ランドセルを作っている工場ではなく、外部への発注を代理でしてくれる形。

実際のリメイクは外部で行われるそうですが、その先ですべて職人の手作りでリメイクされます。

リメイクはミニランドセルのみで、思い出を残したい方におすすめ。

特に、フィットちゃんでランドセルを購入した方はさらに思い入れが強くなるかもしれませんね。

弟のランドセルはフィットちゃんで購入したので、もしランドセルリメイクをするとしたら考えたいと思います。

ミニランドセルへのリメイクのお値段としては、他のリメイクサイトより少し高いかなと感じるくらいです。

ただ、リメイクサイトでは1年近く完成を待たなければならないことが多いので、フィットちゃんでのリメイクはそれより早く仕上がるのが魅力。

注文時期によっては5ヶ月以上かかることもあるかと思うので、詳しくはラ・ポンテへ問い合わせてみてください。

注文方法、見積もりなども、まずは記載されているラ・ポンテさんの電話番号への連絡が必要になります。

土屋鞄でランドセルリメイク!

主なリメイク商品 ミニランドセル、パスケース、ランドセル型フォトフレーム
価格帯 7,000~15,300円
製作期間 4~5ヶ月

大人気工房系ブランド土屋鞄でも、期間限定でランドセルリメイクを受け付けています!

職人が一つ一つリメイクしてくれるため受付数に限りがあり、今年は全4回に分けてリメイクの申込みを募集していました。

2020年11月の段階で第3回目の申込みなので、土屋鞄でのリメイク希望の方は秋頃に公式サイトをチェックしておきましょう!

今年のリメイクアイテムはパスケース、ランドセル型フォトフレーム、ミニランドセルの3点から選べます。

土屋の革は本当にきれいで丈夫なので、ランドセルとして使ったあと何年も現役で活躍してくれるんじゃないかなと思います!

色味も大人っぽくてきれいなランドセルだと思うので、ぜひリメイクを検討してほしいですね。

土屋鞄では、土屋鞄で購入したランドセルのみを受け付けています。

他社ランドセルはリメイクできないので注意しましょう。

中村鞄でランドセルリメイク!

主なリメイク商品 ミニランドセル
価格帯 要問い合わせ
製作期間 要問い合わせ

中村鞄製作所も、ランドセルリメイクを行ってくれる工房です。

中村鞄の場合は外部への注文ではなく、実際にランドセルを作っている職人さんがリメイクしてくれます。

リメイク内容はミニランドセルのみですが、ランドセル製作技術を持ってとても綺麗にリメイクしてくれるようです。

中村鞄のサイトではこれ以上の情報が記載されていないので、詳細を知りたい方、申込みを行いたい方は中村鞄のフリーダイヤルか、メールアドレスに問い合わせてみてください。

ただし受付期間を限定しているようで、公式サイトにリメイクの記載がない場合は受付期間外の可能性があります。

リメイクが可能かどうか、いずれにせよ問い合わせが必須になりますね。

ちなみに中村鞄さんで購入したもの以外のランドセルでもリメイクしてくれるので、誰でもOKですよ!

黒川鞄工房でランドセルリメイク!

主なリメイク商品 ミニランドセル、ペンケース
価格帯 15,800円
製作期間 要問い合わせ

春頃にランドセルが完売してしまうほど大人気の黒川鞄でもランドセルリメイクを行っています!

黒川鞄のリメイクはミニランドセルか、ペンケース&革巻きボールペンのどちらかから選択する形です。

ミニランドセルは長い間ずっと飾っておけるし、ペンケースは実用性が高いので中学に行ってすぐから使えますよね。

黒川鞄のランドセルは様々な思いを込めて「革育」としてランドセルリメイクを推奨しています。

工房全体でランドセルリメイクをサポートしてくれるので、黒川鞄でランドセルを購入した方は黒川鞄でリメイクすることをおすすめします◎

モギカバンでちょっと珍しいランドセルリメイク!

主なリメイク商品 掛け時計
価格帯 税込9,300円+送料
※店舗持ち込みの場合税込8,800円
製作期間 1~2ヶ月

モギカバンでのリメイクは、他のランドセルリメイクとは一味違ったリメイク製品。

ランドセルのかぶせ部分を使った、掛け時計です!
初めて見たとき、すごいインパクトだなと感じました。

でも、他のどのリメイク製品よりもランドセルをそのまま使っている感じがして、とっても魅力的。

ランドセルのかぶせといえば、ランドセルで1番目立つ場所、1番目にする場所なので、思い出深くもあると思います。

傷や汚れも本当にそのまま、ずっと飾っていられるし実用性もあるので結構おすすめのリメイクです。

お値段も高すぎるわけではないですし、群馬県やその周辺の方であれば持ち込むことで少し価格を抑えられます。

製作期間も1~2ヶ月と、かなり早く仕上げてくれるのが嬉しいですね。

名入れサービスや、時計部分のみ1年間の保証があるなど、特典も充実しています。

ランドセルの素材別ごとに知っておきたいリメイクのポイント

ランドセルリメイクは6年間使ったランドセルの生地をそのまま再利用して新しいアイテムに生まれ変わらせます。

そのため、リメイクするランドセルはある程度きれいなまま保存されている必要があるんです。

ランドセルを解体して再加工する工程に耐えられて、かつリメイク後のアイテムとしても問題なく使えなければならないので、リメイク工房によっては「革をぎゅっと寄せてひび割れるランドセルは受け付けできない」と定めています。

せっかくお金をかけてリメイクするので、できる限り長持ちさせたいですよね。

リメイク後も時間をかけて劣化していくので、素材の劣化の仕方に合わせて適切なアイテムにリメイクすること大切です。

ランドセルの素材ごとに向いているリメイクアイテムが変わるので、素材ごとの特徴を抑えておきましょう!

ひび割れやすい人工皮革はミニランドセルへのリメイクがおすすめ!

6年間ほとんど傷つかず、ぴかぴかのまま走りきってくれる人工皮革。

しかし本革と比べると何十年単位で長期間使用することを想定していないので、酷使するとひび割れなどがおきてしまうことも。

私のランドセルも人工皮革だったのですが、10年以上何もせず放置した結果でもかぶせがひび割れてぼろぼろになってしまいました。;;

リメイクしてお財布やパスケースとして使うと、更に劣化が早まってしまうかもしれません。

長い間きれいな状態を維持したいなら、ミニランドセルやフォトアルバムなどあまり触らなくて良いものにリメイクすることをおすすめします。

また、人工皮革は本革などと扱いが少し異なるためか、人工皮革のランドセルはリメイクを受け付けていない工房もあります。

購入したメーカーや工房以外でリメイクする場合は、人工皮革がリメイク対象か必ず確認しましょう!

経年劣化が楽しめる牛革はどんなリメイクもOK!

牛革は人工皮革よりも長期的に使える天然皮革なので、基本的にどんなアイテムにリメイクしてもOKです。

お財布などにリメイクして更に経年劣化を楽しんでもいいし、6年間の風合いを見にランドセルにして保存しても趣があって良いですね。

牛革のランドセルで気をつけたいのは、リメイクまでの扱いです。

牛革は良くも悪くも経年劣化で革の状態が変化していきます。

ランドセルを適当に扱いすぎると、卒業した段階でランドセルがリメイクに耐えられないほど劣化してしまっている可能性も。

また、卒業時は大丈夫でも数年放置しているとさらに革が変化してリメイクNGになってしまう事も考えられます。

そのため、牛革のランドセルはなるべく丁寧に扱い、卒業後すぐにリメイクに出しましょう。

牛革はいろんなリメイク方法があるので、どんなものにしたいか色々話し合うのも楽しみの一つですね。

エイジングが楽しめるコードバンは財布やパスケースへのリメイクがおすすめ!

コードバンはとても革が強く、数年使った程度では大きく劣化しません。

大人も靴や鞄で何年も使えるような素材なので、コードバンのランドセルを購入した方はぜひリメイクして新しい使い方をしてほしいなと思います!

個人的におすすめなのは、肌身離さず使えるお財布やパスケース。

財布として使い続けると、ランドセルの頃とはまた違った風合いや味が出てきて、革の変化もしっかり楽しめるのが魅力です。

もちろんミニランドセルにして飾るのも素敵ですが、実用性があるアイテムへのリメイクを検討してみてもいいと思いますよ!

自分でランドセルリメイクってできるの?

ランドセルリメイク、思っていたよりも時間が掛かるし、お値段も高め。

だったらいっそ、自分でリメイクしてしまえば良いのでは!って考えた方も少なからずいるはず。

私は壊滅的に裁縫ができないので、自分でリメイクしようなんて冗談でも口にできませんが…!

ミシンでさくっと色々作っちゃう方なら、自分でもできちゃうかも?って思えてしまうかもしれません。

結論から言うと、出来ないことはないです!

調べてみると実際に自分でミニランドセルにリメイクした方の製作日記も出てきます。

私が拝見した方のブログは、とっても綺麗に仕上がっていて感動しました…。

ただ、ミニランドセルを作る場合、型紙を自分で作らなければなりません。

またこれはミニランドセルだけに限りませんが、ランドセルは革製品。

革を扱える専用の針だとか、道具だとか、裁縫の方法も他の生地とは変わってきます。

せっかくの大切なランドセルなので、革を使ったお裁縫に慣れていない方は、リメイクサイトにお願いするのが無難だと思います。

そして何より個人的には、たとえお裁縫が得意でも、ランドセルにはさみを入れるのが、怖くてできそうにありません!(笑)

アットホームなリメイクを希望している方は、ブログなどで個人的にリメイクを受け付けている素人の方もいます。

仕上がりの写真を見るととてもきれいなので安心できそうですが、個人間のやりとりになるので自己責任です。

個人に依頼するか安心できる工房にい依頼するか、自分でリメイクしちゃうかは、予算や自分の裁縫技術と話し合って決めましょう◎

ランドセルリメイクを楽しもう!

私は10年以上ランドセルを放置してぼろぼろになってしまい、今年泣く泣く手放しました。

ランドセルリメイクについてもっと早く知っていたら、ランドセルを捨てることもなかったのかなと思うと少しさみしいです。

弟のランドセルなんて買ったばかりなのでリメイクのことすら考えられませんが、母や弟にさりげなく話して、前向きに考えてみようかなと思います。

ランドセルリメイクに少しでも魅力を感じた方もぜひ、前向きに考えてみてください。

革製品なんて使わないしって方は、ランドセルを買ってくれた両親や祖父母にお礼の気持を込めて、プレゼントしてみてはいかがでしょうか?