LIRICO(リリコ)のランドセルで後悔しないためには?特徴と注意点

LIRICO(リリコ)のランドセルは、デザインが特殊でおしゃれなランドセルブランドです。

他のブランドではあまり見かけない形状やデザインのランドセルばかりで、デザインにこだわりたい方から人気を集めています。

そんなリリコのランドセルですが、「買って後悔しないか?」「失敗したと思わないか?」など心配の声が多いのも事実。

リリコランドセルの特徴や、購入時の注意点を調査しました。

リリコのランドセルが気になる方はぜひチェックしてくださいね!

LIRICO(リリコ)のランドセル商品詳細

価格帯 40,700円~99,000円(WEB販売価格)
使用素材 人工皮革(クラリーノ)、牛革、馬革
重量 約1,100g~約1,500g
オーダーメイド ◯ (限定1000本)
カタログ配布 ◯ インターネット申し込み
生地見本配布 ◯ インターネット申込み
保証制度 ◯ 6年間修理保証

リリコのランドセルは独特なデザインが特徴

リリコランドセルのといえば、まるでおとぎ話の世界に登場するような独特なデザインが特徴ですよね。

リリコの2022年度のテーマは「LIRICO WONDERLANDの世界」

リリコならではの世界観に基づいたデザインのランドセルはとても魅力的です。

女の子向けのデザインは、お嬢様やお姫様のようなきらびやかなデザインが素敵。

リリコならではの世界観に基づいたデザインのランドセルはとても魅力的です。

女の子向けのデザインは、お嬢様やお姫様のようなきらびやかなデザインが素敵。

ランドセルの形も半かぶせのモデルが多く、より特別感が増しますね。

オーロラスパンコールや、京都で仕入れた金色のステッチを使用するなど、見た目の華やかさにとにかくこだわられたランドセルばかりです。

男の子向けのモデルは、トレジャーな雰囲気漂うランドセルが特徴。

リリコの男の子向けランドセルは独特なデザインの中でも落ち着きがあり、かっこよさを感じますね。

カウボーイモチーフや地球儀モチーフなど、男の子の夢が詰まったデザインばかりです。

他のブランドでは見かけないデザイン性が優れているリリコのランドセル、次は機能面について見ていきましょう。

リリコのランドセルは機能面の工夫が充実!

リリコのランドセルを購入するにあたり気になるのが機能面の問題。

デザインは圧倒的に優れているリリコですが、機能は問題無いのでしょうか?

リリコランドセルの注目しておきたい機能をまとめました!

リリコのランドセルはフィットちゃん背カンとウィング背カン採用

リリコのランドセルは、フィットちゃん背カンとウィング背カンを採用しています。

フィットちゃん背カンとウィング背カンは、肩ベルトを自然な形に立ち上げている立ち上がり型背カンです。

背カンが立ち上がっていることでランドセルの重心が上に固定されるため、重さを感じにくくなります。

最近ではメーカー系だけでなく工房系でも多く立ち上がり背カンが取り入れられています。

リリコでも全モデル立ち上がり型背カンなので安心できますね。

フィットちゃんは名前の通り、フィットちゃんランドセルで採用されている背カンです。

ウィング背カンは萬勇鞄やイオンなど、メーカー・工房系問わず多くのブランドに採用されています。

個人的には信頼できる背カンパーツを使用していると思うので、心配しなくてもOKです。

ただし、これらの背カンが合うかどうかは個人差によります。

リリコランドセルの実物か、フィットちゃん背カン・ウィング背カンを採用している他のブランドのランドセルを試して、子どもの体に合うか試してみましょう。

次は、リリコランドセルの防犯面についてチェックしていきます。

リリコのランドセルは反射素材が充実!

リリコのランドセルは反射素材が豊富です。

ランドセルで1番高い位置になる持ち手には、ハイマウントリフレクターという反射材が搭載されています。

ハイマウントリフレクターは車のライトなどに反射する反射材です。

高い位置につけることで、より遠くからの視認性を高めています。

かぶせなどの反射材は雨カバーなどで隠れてしまいますが、持ち手についているこのリフレクターは隠れません。

もちろん持ち手だけでなく、肩ベルトにもハイマウントリフレクターを搭載。

暗い中でもしっかり反射するので、反射材を重視する保護者の方にもお勧めできるランドセルです。

次は、リリコランドセルの収納面を見てみましょう。

リリコのランドセルは大容量で収納しやすい!

リリコのランドセルは、A4フラットファイルが入るのはもちろん、大マチと小マチの幅が合計155㎜ある大容量モデル!

フィットちゃんやセイバンなど大手メーカーと変わらないサイズ感なので、収納面も心配しなくて大丈夫そうです。

小マチに筆箱が入ると、大マチ部分に体操服や上履きを入れられて非常に便利なんですよね。

男の子モデルだけでなく女の子モデルもしっかり大容量になっています。

モデルによっては大マチが13㎝のランドセルもあるので、さらに大容量モデルが欲しい方は大マチのサイズをチェックしておくと良いですね。

容量を確認したところで、次は耐久面も見ていきましょう。

リリコは手縫いと強化構造で型崩れしにくいランドセル!

リリコのランドセルは、型崩れしないような工夫がいくつも搭載されています。

1つ目の工夫は大マチの入口強化構造

大マチの入口部分を補強し、型崩れしにくいようにしています。

写真を見ても大マチの上部に1枚補強が入っていることがわかりますよね。

一部のモデルでは内部に金属を埋め込み、さらに強度が上げられるようになっています。

2つ目の工夫は手縫いで補強されている部分があること。

ミシンでなく手縫いで仕上げると、太い糸でしっかり強く縫い上げることができます。

リリコでは重さなど負荷がかかりやすいパーツを要所的に手縫いで仕上げています。

すべてミシンではなく手縫い作業を入れているランドセルブランドはあまり多くありません。

特にリリコのようにメーカー系ランドセルで手縫いを取り入れているブランドは少なめ。

こういった細かい工夫が行われているのはとてもありがたいですよね。

リリコランドセルの様々な工夫がわかったところで、気になる男女別おすすめのランドセルランキングをご紹介します!

女の子におすすめのリリコランドセルTOP3

リリコの女の子向けランドセルは全10モデル。

半かぶせや横型ランドセルなど、デザインだけでなく形状もおしゃれなランドセルが多いです。

目移りしてしまうほど華やかなランドセルが多いですが、その中でも特に女の子におすすめのランドセルを3つピックアップしました!

ロマンティックランドセル

価格 61,600円
重さ 約1,280g
カラーバリエーション チェリーピンク、ルージュ、チョコブラウン、スウィートピンク、サックスブルー、ライラック、メープル、グレージュ

ロマンティックランドセルはリリコで1番人気のモデルです!

全かぶせモデルで、かぶせやサイドに施されているレースの刺繍が女の子らしさを際立たせてくれています。

デザイン自体はリリコの中でもおとなしい方で、派手すぎないところがポイントです。

個人的なおすすめは他のブランドでもなかなか見かけないグレージュ。

デザインだけでなくカラバリもおしゃれでおすすめです!

アンティーク

価格 64,900円
重さ 約1,200g
カラーバリエーション シャビーブラウン、ナチュラルオーカー、バーガンディ、インペリアルパープル、アッシュグレージュ

2番目におすすめなランドセルはアンティーク

アンティークは半かぶせモデルなので、それだけで特別感を感じられます。

デザインは金色の刺繍糸を使ったゴージャスな雰囲気で、サイドには王冠をデザインした刺繍が施されています。

金色の刺繍糸を使っていることと半かぶせなので特殊なデザインに見えますが、実物はそこまで派手に感じません。

アンティークは名前の通りランドセルの色が落ち着いた大人っぽい雰囲気のものが多いので、高学年でも比較的使いやすいモデルじゃないかなと思います。

マネージュランドセル

価格 78,100円
重さ 約1,280g
カラーバリエーション ペパーミント、フロスティベージュ、チェルシーローズ、メレンゲベージュ

マネージュはリリコのランドセルらしい「THE・女の子の理想」なデザインのランドセルです。

ゴージャスでお姫様っぽい雰囲気のデザインがたまらなくかわいいですよね。

マネージュのナスカンはゴールド仕様で、他のモデルよりきらびやかさも段違いです。

どのカラーもホワイトとのコンビカラーのようなデザインなので、その点も特別感を加速させてくれます。

カラー自体は人気の水色からリリコらしいくすみベージュ、くすみピンクまで様々なカラーが取り揃えられています。

続いて、男の子におすすめのランドセルもランキング形式で見ていきましょう。

男の子におすすめのリリコランドセルTOP3

男の子のランドセルはリリコらしいデザインでありつつもシンプルにまとめられたモデルも多く、使いやすいと感じる方が多いと思います。

周りのお友達とかぶらない特別感のあるランドセルを探している男の子はぜひチェックしてくださいね!

ロデオランドセル

価格 59,950円
重さ 約1,290g
カラーバリエーション キャメルブラウン、インディゴ、ツインブラック、カクタスグリーン、チャコールブラウン

ロデオシリーズは男の子に1番人気のモデルです。

デザインはサイドにシンプルな刺繍が入ったコンビカラーで、高学年でも問題なく使えそうです。

特にツインブラックは黒1色なので「特別感のある黒いランドセルがいい!」という方におすすめです。

カラバリが豊富で、男の子向けの人気カラーはだいたい網羅しているので、カラーも自由に選ぶことができます。

リリコのランドセルは派手で使いにくいというイメージがありますが、ロデオはそのイメージを覆す使いやすさを重視したランドセルです。

ロデオタフロック

価格 68,200円
重さ 約1,320g
カラーバリエーション タフブラック、ブラックグレー

個人的にかなりおすすめなのが、1番人気のロデオシリーズから新発売されたロデオタフロック

ロデオタフロックは、クラリーノタフロックという素材を使用した特別モデルです。

クラリーノの中でも傷に強く頑丈なのがクラリーノタフロック。

男の子に向いている素材で、フィットちゃんなどでも積極的に使用されている素材なんです。

通常のロデオと比較すると約9,000円ほど値段が上がり、カラバリも2色のみになります。

ただ、機能面を重視するなら断然タフロックがおすすめです!

ジオメトリー

価格 73,700円
重さ 約1,230g
カラーバリエーション ブラックステッチ、レッドステッチ

ジオメトリーもロデオタフロックと同じで、クラリーノタフロックを採用しています。

しかも、ジオメトリーはタフロックよりもさらに強いクラリーノタフロックネオを採用したモデル!

クラリーノタフロックネオは革が分厚く頑丈で、ちょっとしたことでは傷がつかなさそうな素材なので安心できます。

デザインもおしゃれなのに派手過ぎず、ナチュラルなコンビカラーが魅力的。

ランドセルにナイロンテープを組み合わせたデザインはなかなかないので、個性も出せるおすすめのランドセルです。

リリコのランドセルを購入する際の注意点

リリコのランドセルは個性的でおしゃれですが、特殊なデザインだからこそ購入前に気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

実際にランドセルを選んだことがある経験者の視点から、気を付けておきたい注意点をまとめました。

リリコは6年間使えるランドセルかしっかり考える

まず何よりも、ランドセルは6年間使うことを前提としたものです。

6年間もあると、子どもの好みが大きく変化することも考えられます。

実際私は小学1年生の頃のかわいくてお姫様系な趣味から、6年生の頃にはクールなファッションに趣味が変わってしまいました。

幸い赤い無地のランドセルだったので問題なかったですが、リリコのランドセルではしんどくなってしまう可能性も考えられます。

子どもの意向でリリコを選ぶのであれば、6年間しっかり使うことを約束することが大切です。

自分で選ばせたい気持ちもわかるので、「選ぶからには6年生まで使うこと」をしっかり説明しておきましょう。

もし親の好みでリリコを選ぼうとしているのなら、いったん立ち止まって子どもの意見をしっかり聞いてください。

他のブランドのランドセルも見せて検討させるなど、子供の意見がリリコに前向きかを確認することが大切です。

お金を出すのは親ですが、ランドセルを背負うのはあくまで子ども。

親のエゴや見栄で勝手に選ばないように気を付けましょう。

次は、ランドセルの機能面に関する注意点です。

半かぶせランドセルは既製品のランドセルカバーが使えないので注意

リリコのランドセルは半かぶせモデルが多いです。

半かぶせはおしゃれで可愛いのですが、問題はランドセルカバー。

通常のランドセルカバーは使えないので、半かぶせ用のランドセルカバーを用意する必要があります。

リリコでは、そのモデル専用のランドセルカバーが販売されているので、ランドセルと合わせてカバーも購入しておくと良いでしょう。

ランドセルカバーはランドセルを汚れや傷から守ってくれます。

ただし、半かぶせの場合かぶせから出ている本体部分の保護が難しくなってしまいます。

ここまでしっかりカバーしたい方は、全かぶせを購入するのがおすすめです。

いずれにせよ半かぶせのランドセルに全かぶせのランドセルカバーは使えないので注意しておきましょう。

リリコの店舗と展示会情報

リリコのランドセルの実物が見たい!という方は多いはず。

実物を見るとかなり印象が変わるので、私もリリコのランドセルはしっかり実物を見てほしいなと思います。

そんな方のために、リリコのショールームと展示会情報をまとめました。

常設ショールーム(大阪)
住所 大阪府堺市中区深井東町3009-3
営業時間 平日: 11:00~17:00
土日祝: 10:00~18:00
【6月より】土日祝: 10:00~17:00

リリコのショールームは大阪にあります。

全国で1店舗のみなので、ちょっと見に行きづらいのがネック。

関西の方は可能な限りショールームに行ってみることをおすすめします。

現在コロナウイルスの関係で、大阪の常設ショールームは完全予約制です。

事前に予約しないと入店できないので、公式サイトから予約しておきましょう。

展示会(全国)
北海道 6月6日
東京 6月12日、13日
横浜 5月8日、9日
千葉 5月30日
名古屋 5月16日
静岡 5月23日

リリコの展示会は、ショールームがない関東を中心に全国6箇所で開催されます。

北海道でも展示会をしてくれるのはありがたいですよね。

受注生産期間である6月10日付近の展示会が多いので、検討している方はぜひ行ってみてほしいなと思います。

リリコの特別なランドセルでおしゃれな6年間を過ごそう!

リリコのランドセルは、日常から切り離されたような特別感が魅力。

2022年度のコンセプトである「ワンダーランドの世界」を体現するようなモデルばかりで、見ていて楽しくなりますよね。

購入時に子どもと話し合い、しっかり確認して問題ないのであれば、私はリリコのランドセルを選んでもいいと思っています。

小学校の6年間を、自分が選んだお気に入りのランドセルで通うことってとても素敵なことだと思うからです。

他のブランドよりも話し合いの時間はしっかり設けてほしいと思いますが、話し合ったうえでリリコのランドセルを選んだら楽しんでおしゃれしてほしいなと思います。

リリコのランドセルは6月10日までの注文はすべて受け付ける受注生産期間があります。

気になっている方は6月10日までに購入してしまいましょう!