おしゃれで高級感漂う最高モデル!土屋鞄コードバンランドセルのメリットとデメリット

革のダイヤモンドとも呼ばれるほど高級で美しいコードバン(馬革)は、ランドセルの素材として長年愛用されています。

シンプルながらもカラーリングがおしゃれで人気の土屋鞄でもコードバンランドセルが販売されています。

土屋鞄のコードバンランドセルは全部で4モデル。

土屋鞄ならではのカラバリと色の組み合わせで、どのモデルも人気を集めています。

土屋鞄コードバンランドセル、各モデルの違いやおすすめポイントをまとめました!

コードバンランドセルを検討している方、周りの子と被らないランドセルが欲しい方は要チェックです!

シンプルなカラーとデザインが魅力のベーシックカラーコードバン

価格 125,000円
素材 コードバン
重さ 1,490g
カラーバリエーション 黒、赤

ベーシックカラーコードバンは、土屋鞄のコードバンランドセルで最もオーソドックスなモデルです。

カラーは黒と赤のみで、刺繍やステッチなどのデザインはありません。

色も「ランドセルといえば」で思い浮かべる昔ながらのカラーなのですが、土屋鞄の黒と赤は一味違うなって感じがします。

土屋鞄のランドセルは屋外で太陽の光に当てると色の印象が変わるので、お店に行ったら外に持ち出させてもらうと良いと思います。

土屋鞄でランドセルを選んだ私の知り合いは、ランドセルを外でチェックして写真を撮っていました◎

それだけでなく、やっぱりコードバンだからこそのツヤ感や質感が本当に良いんですよね。

手触りの違いはもちろん、遠目で見た時の高級感が段違いなんですよね。

牛革モデルも非常に特別感がある見た目ですが、コードバンはそれを凌駕する美しさ。

シンプルでオーソドックスな色だからこそ素材にこだわる選び方はいいなぁと思います。

さりげないおしゃれカラーが魅力!ベーシックカラープラスコードバン

価格 130,000円
素材 コードバン
重さ 1,490g
カラーバリエーション 黒×水色、赤×さくら

ベーシックカラーコードバンプラスは、背当ての色がコンビカラーになったモデルです。

黒いランドセルの背当ては水色、赤いランドセルの背当てはピンク(さくら色)。

背当ての色が違うだけで、一気にランドセルの印象が変わりますよね。

ステッチや縁の色が違うコンビカラーと違って目立たないので、かなり大人っぽく見えるのがメリットです。

さりげなく見えるさくら色や水色がとてもおしゃれです。

ランドセル本体の色や機能はベーシックカラーコードバンと同じです。

価格が5,000円高くなりますが背当ての色が白い外なのはおしゃれだなと思うので、個人的にはベーシックカラープラスがおすすめです。

シックでおしゃれなアンティークモデルコードバン

価格 140,000円
素材 コードバン
重さ 1,490g
カラーバリエーション 黒、セピアレッド

アンティークコードバンはその名の通り、少しレトロなカラーが特徴です。

赤色は少し朱色が入った色で、真っ赤じゃないので大人っぽさが増している感じがします。

ゴールドのステッチが施されているので、シンプルなのにかっこいい見た目なんですよね。

ステッチだけでなく金具もゴールドで、あえて金属特有の輝きを抑えることで大人っぽさを演出しています。

コードバンのツヤ感にゴールドのステッチや金具を組み合わせるのはかなり高級感にあふれていますよね…!

土屋鞄のランドセルはどのモデルも他のランドセルとは一味違う存在感があるのですが、このコードバンアンティークはさらに磨きがかかった印象です。

土屋鞄のランドセルの中で最も高級なモデルなので、「せっかくの買い物だからこそ本当にいいものにしたい」「高級感にとことんこだわりたい」って方におすすめです。

ベーシックプラスとは1万円、プレミアムカラーとは5,000円しか値段が変わらないのも良いポイントだなと思います。

他のブランドでは見ない土屋鞄ならではの色!プレミアムカラーコードバン

価格 135,000円
素材 コードバン
重さ 1,490g
カラーバリエーション アイビーグリーン、インディゴネイビー、カフェブラウン、キャメル、ガーネット

プレミアムカラーランドセルといえば、土屋鞄の代名詞的なモデルですね!

牛革モデルのほうが有名ですが、プレミアムカラーは「他のブランドには絶対ない土屋鞄だけの色」をラインナップしていることで人気を集めています。

プレミアムカラーコードバンは全5色。

どの色も暗めでシックなカラーを採用していて、ランドセルよりも大人が持つ革製品と言っても差し支えないほど大人っぽいイメージです。

どの色も、なかなか他のブランドではお目にかかれないカラーです。

よくある紺色やグリーンでさえ、土屋鞄は一味違います。

子どもっぽいカジュアルさよりも落ち着いた雰囲気を重視した色なので、どちらも深みのある仕上がりになっていますよね。

実はコードバンは革の中でも加工が難しく、理想の色に染めにくいんだそうです。

そのため、赤や黒などオーソドックスなカラー以外のコードバンランドセルがそもそも珍しいんです。

プレミアムカラーのカラバリは、牛革のランドセルでもなかなか見ないカラーです。

持ってるだけで圧倒的な存在感を放つのが、プレミアムカラーコードバン。

この色が気に入ったら他では基本手に入らないので、思い切って購入することをおすすめします!

2021年度の土屋鞄のコードバンランドセルは機能面もすごい!

土屋鞄は今まで古き良きランドセルとしての形を守っていました。

背カンは非立ち上がり型、A4フラットファイル未対応…と、結構ギリギリまで「従来のランドセル」って感じでしたね。

土屋鞄はデザインやカラーが洗練されているので非常に人気が高いのですが、「大容量にして欲しい」「背負やすさの工夫をしてほしい」と多くの口コミが寄せられていました。

それらを踏まえ、土屋鞄は数年間かけてランドセルを大改良!

2~3年前にA4フラットファイル対応サイズになり、そしてとうとう2021年度入学者向けモデルから立ち上がり型背カンに変更されました!

デザインやカラーのおしゃれさはそのままに、機能面が他の工房系ブランドに一気に追いついた感じですね。

今まで「土屋のランドセルは本当に可愛いけど機能的になぁ…」と候補から外していた方も多く見かけました。

それがこの立ち上がり型背カンになり、容量も大きくなったことで「とうとうマイナス要素がなくなった」って感じですね。

持ち手もついて、更に使いやすくなりました。

必要以上に大容量って大きさではなく、あくまでも使いやすいサイズのまま入る荷物の量が大きくなったイメージです。

今年土屋鞄は機能面でも本当に文句なし!と言えるでしょう。

土屋鞄の機能面で気になる点や、もっと詳しく知りたい方は「2021年度も大人気の土屋鞄!特徴や口コミまとめ」か土屋鞄公式サイトをご覧ください!

最高級モデル!土屋鞄コードバンランドセルの口コミ評価は?

数年前に卒業しました。6年間ずっとコードバンのランドセルを使っていましたが、よれたりせずきれいなままでした。
珍しいことに息子が素材にこだわるタイプで、コードバンを欲しがりました。それなら土屋鞄がいいなと思い、土屋鞄のコードバンに決定!品と可愛さを兼ね備えているなと感じます。
6年間無事使い切ったランドセル、経年劣化でピカピカに艶が出ていてとても味があります。

土屋鞄のコードバンランドセルは、口コミを見ているととても評価が高い内容が多かったです。

すでに卒業した方や、何年も使った方の口コミがあるのは心強いですね。

6年間の革の変化を楽しむこともコードバンランドセルの醍醐味なので、6年後のランドセルの様子を投稿してくれる方が多いのはコードバンならではだと思いました。

見た目の変化以外にも、「コードバンはとても頑丈」という口コミをたくさん見かけました。

全然型くずれしない、へたれないという意見が多かったので、頑丈なランドセルが欲しい方は魅力を感じるのではないでしょうか?

コードバンランドセルの経年劣化の写真は、InstagramやTwitterにUPしてくれている方がいるので、購入前にチェックしておくと良いですよ◎